われもこうの特徴 サービス イベント

われもこうの特徴

バリアフリー

「われもこう」の外観は、どこをどう見ても、懐かしい雰囲気の木造建築。介護をしている場所なんて想像もつかないでしょう。しかし、内装は段差を極限までなくしたバリアフリー構造で、普通の家とは少し異なります。美しく整備されたトイレやお風呂場もあり、在宅ケアを支える様々な職種と連携しながら、入居されている要介護の方をケアしています。

本当の家ではないけれど、まるで自宅にいるような感覚も得ることができるのです。「われもこう」は、施設でも自宅でもない、入居者やそのご家族が安心して生活できる“もうひとつの居場所”です。

昼食 内装

ここにナースコールはありません。食事を作る台所のコトコトという音に、お味噌汁の香りが漂ってきます。柱時計のボンボンと鳴る音も聞こえます。みんなの話し声も感じ取ることができます。「われもこう」は、住んでいる人の気配が身近にわかる空間です。そこには、普通の日常、日々の暮らしがあります。

「われもこう」には、日々の暮らしの中での楽しみがあります。お花見や餅つき、入居者のお誕生日会など、ご家族と一緒に楽しみます。さらに、地域の皆様にもご参加いただきながら、みんなで楽しいひとときを過ごすことができます。また、「われもこう」には畑もあり、ご近所の皆様がお手伝いしてくださいます。昔ながらの地域コミュニティの中で、つながりや絆を感じることができます。

サービス

われもこうのサービスについて

文頭の人に応じた、必要な日常生活のお世話を致します。

お料理・食事介護からお掃除、患者様のお身体を清潔に保つことはもちろんのこと。きちんと整備された設備もありながら、まるで普通の一軒家のような施設。それが、ホームホスピス「われもこう」です。

そのような暖かい空間で、「日々の生活」を最期まで過ごしていただきたい―。

私たち介護スタッフ一同は、介護のプロだからこそ行えるケアを、家族の代わりとしてお世話致します。

ご家族の皆さんには、「本当の家族」としての役割を持って、お世話にご協力いただければ幸いです。私たちは、ご家族の皆さんと看取りを行う最期の時まで、精一杯のお手伝いを致します。

入居条件

ホームホスピス「われもこう」では、特別な入居条件を設けてはおりません。

ケアを求めるすべての方にとって、必要とされる場所でありたいと願っております。

しかし、入居可能な人数は少数に限られますのでご了承ください。

また、料金体系も併せてご覧ください。

  • 昼間は家族が仕事などでおらず、在宅介護が困難な方や、介護者がいない方
  • 一人では病状の変化が不安な方
  • 介護する家族の休息のために。また、冠婚葬祭などによる一時的な短期間入居
  • 重度の認知症で施設になかなか適応できない方や、医療の適切な支援が常時必要とされる方
  • 最期は家で看取りたいものの、家族が遠方であったり、仕事の都合であったりして、在宅で過ごす望みが叶わない方
  • 上記に当てはまる方も、そうでない方も、当施設への入居をご希望される方は、まずはお気軽に、下記電話番号へお電話ください。

    電話番号:096-329-7833

    イベント

    われもこうのイベントについて

    われもこうでは、「イベント」と呼べるような、大々的な行事はそれほど多くありません。それよりも、私たちは家族が通年通して行うような普通の行事を積極的に行いたいと考えております。

    春のイベント
    春写真1 春写真2
    春写真3 春写真4
    夏のイベント
    夏写真1 夏写真2
    夏写真3 夏写真4
    秋のイベント
    秋写真1 秋写真2
    秋写真3 秋写真4
    冬のイベント
    冬写真1 冬写真2
    冬写真3 冬写真4

    お花見に七夕、お月見にお餅つき。

    豆まきや、お正月の団欒のひととき。

    入居者一人ひとりのお誕生日会。

    どこの家にもあるけれど、楽しくて、家族らしい行事が皆様をお待ち致しております。

    ページトップへ戻る